NPO法人

里山クリーン新潟(情報発信)   5.2.3.200510

スタッフ(ハチドリ)からの情報発信  2005年10月刊行


名誉(?)の負傷の状況
ハチドリ通信9月号[間伐の手伝いので長野へ⇒作業中にケガ]
報告しました間伐中のケガの状況は、順調に直ってきています。
以前パンパンに腫れ上がっていた左足でしたが、だいぶ腫れが引いてきて
木が当たって部分のみコブ状に腫れているだけになりました。
足の色は、まだまだ黒ぽく、日焼けしたような状態です。
痛みは、長い時間(?)30分以上歩くと痛みを感じます。
肋骨も寝返りやくしゃみをすると痛みます。
全治2ヶ月と言われたので、後1ヶ月でしょうか?
安静、安静!
山に早く出たいです。
足のケガ状態



新潟林業事務所主催の森林・林業教育セミナーに参加しています

ケガの影響で、仕事も力仕事はできないので、コンピュータ関連の仕事に
限って行っています。ただ、10分も歩くと足がパンパンになり、痛みも多少
残っているので、肉体労働は避けています。その為、空いた時間も増えて
学習する時間が多くなっています。
9月から月1回第2金曜日に新潟林業事務所主催の「森林・林業教育セミ
ナー」に参加しています。
セミナーの目的は、森林・林業の現状について情報提供し関心を持って
もらうとともに、地域における森林・林業教育の理解者として、啓発活動の
担い手を育成すること。(セミナーパンフレットより)

第1回  9月 9日(金)
 開講式、オリエンテーション
 林業事務所の業務紹介
第2回 10月14日(金)
 実習準備、中蒲みどり森林組合管内見学(杉植林地、炭焼窯、木材市場)
第3回 11月11日(金)
 海岸保安林実習、きのこ栽培農家見学
第4回 12月 9日(金)
 木工実習、外部講師講演、閉校式

以前一緒に学んだことがある人と出会ったり、阿賀野市の職員の方や、
緑100年物語事務局の方、その他いろいろな方と一緒に学んでいます。
但し、あまりお話する機会が無くて終わっています。森林組合の関係の方
やボランティアの方が多く出席されています。


第2回 10月14日(金)
 実習準備、中蒲みどり森林組合管内見学(杉植林地、炭焼窯、木材市場)

合同庁舎をバスで出発して、村松町スギ植林地を見学した。急傾斜地に
して、新しく植林されて3年ほどたってたったものでした。
その後、早出川ダムに移動して、昼食を食べました。
午後は、新潟県農林公社造林施行地のスギ枝打ち状態を見ました。
あまりうまく切られていなくて、悪い例として紹介されました。
(関係者、苦笑!)

林業施行地(枝打ち)










現在も白炭を焼いているという炭窯を見ました。
残念ながら、作業はやられていなかったので、残念!!

炭窯(白炭を作っている)









中蒲みどり森林組合木材市場を見学しました。先日、競りが終わった
ばかりで、伝票がついた木材が置いてありました。
かなり、扱い量は減っているとのことでした。

木材市場見学










※今回は、デジタルカメラを忘れて、携帯電話のカメラで取ったもので、
  解像度や焦点があっていなかったりで、申し訳ありません。

このような林業施行地や木材市場の見学は、以前、長野県、愛知県で
見ましたが、今回、新潟県(地元)の状況を見学でき、残念ながら林業
が、細々と行われたいることに残念な思いを受けました。
職業としてやっている方々、厳しいでしょうが是非とも未来にその伝統や
森林を残していただきたいと感じました。私も微力ですが、協力して行き
たいと思っています。



(11月号へ)



Copyright(C)2005 里山クリーン新潟 All Rights Reserved.