NPO法人

里山クリーン新潟(情報発信)   5.2.3.200601&02

スタッフ(ハチドリ)からの情報発信  2006年01&02月刊行

県立浅草山麓エコミュージアム主催の環境学習指導者養成講座
 「ウィンタープログラム研修会」に参加しました。

1月13日(金)から15日(日)の3日連続開催で、魚沼市大栃木の「野山の幸
資料館」周辺で、行われました。13日は午後からでしたので、午前中の長岡の仕事場より、直行しました。それ以後は、「ひめさゆり荘」に宿泊、参加しました。
プログラム内容は以下のとおりです。

1/13(金) 13:30−15:30
 「スノーシュー&XCスキー体験講座」
1/14(土) 10:00−13:30
 「テレマークスキー体験講座」
1/14(土) 14:00−15:30
 特別学習講座「雪国の暮らしの安全・安心」〜冬の自然災害から学ぶ〜
 (講師:長岡技術科学大学の先生)
1/15(日) 9:30−12:00
 「冬の生態学(ウィンターエコロジー)」
 ・トラッキング初級講座(野生生物調査・雪上自然観察他)
 ・積雪を科学する(結晶の観察、積雪の密度・温度の特性他)

但し、1/14(土)午前中のテレマークスキーの講座は、雨天のため中止に
なりました。残念!!。

  入広瀬・野山の幸資料館           野山の幸資料館
野山の幸資料館野山の幸資料館










  野山の幸資料館と積雪          ウィンタープログラム開催
野山の幸資料館とやねの雪ウインタープログラム開催










 入広瀬鏡が池の道の駅             スノーシューの準備
入広瀬鏡が池道の駅スノーシューの準備










  スノーシューでウォーキング        頂上で休憩、なだれの跡
スノーシューによるウォーク頂上に上り一休憩、なだれの跡を見る










  ホウノキの冬芽                 木の株と積雪
ホオノキの冬芽木の株と積雪










    木の上のコケ                 動物の足跡
木の上のコケ動物の足跡










   ホウノキと実(残骸)              午後の特別講習会
ホオノキの実午後の特別学習講座










   ひめさゆり荘の部屋               部屋からの眺め
ひめさゆり荘の部屋部屋からの山(なだれの跡)










   アニマルトラッキング                雪の観察会
雪の観察動物の足跡(アニマルトラックキング)












冬の観察会のために、スノーシューの使い方を本格的に勉強したいと思って
参加した研修会でした。スノーシューの付け方や歩き方のコツを教えてもらい
今後の参考になりました。

14日は、午前中の講習が中止になりました。時間を持て余したので
昨日のスノーシュー研修の復習を兼ねて、鏡が池の周辺をスノーシュー
でウォーキングしました。雨のため、雪が思った以上に重く、雪が沈んで
しまい、大変歩きにくい状態でした。しかし、時間的には1時間程度でしたが、
いろいろな自然の落し物を拾うことができました。色々の木の落ち葉や実、
動物(うさぎ)の糞などなど・・・・・。
自然の雪山のウォーキングは、非常に楽しく遊ぶことができました。


14日午後の特別学習講座も中越地震の災害復旧について、雪山での
なだれ災害等、参考になる話でした。雪を利用するアイデアもいろいろ
話しがありました。


15日は、 アニマルトラッキングの研修で、動物達の生態を知る上で大変
参考になりました。もう少し勉強しないと自分で教えられないと感じました。


県立浅草山麓エコミュージアムの講師の皆さんありがとうございました。

また、今年の6月に自然観察員の研修会が、当地であるとのことですので、
何とか参加できるように期待しております。



(2006年4月号へ
)




Copyright(C)2005 里山クリーン新潟 All Rights Reserved.